経営業務管理責任者の常勤性

まず経営業務管理責任者とは、法人の役員、個人事業主または支配人(支配人として登記されているものに限られます。)、建設業法施行令第3条に規定する使用人(営業所の支店長など)として、営業取引上対外的に責任を有する地位に会って、経営業務の進行等建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有する者のことです。そして、経営業務管理責任者は、必ず常勤でなければなりません。常勤ということですから建設業許可を受けるためには、主たる営業所に常勤できる距離に住んでいることを証明する必要があります。

また、建設業の許可を受けようとする会社以外の会社で代表取締役、持分会社の代表社員、組合等の代表理事、清算人を兼ねたり、他の個人事業を営むことができません。

よくあるケースが、経営業務管理責任者となる方が、他の法人で代表取締役として登記されているといったものです。他の法人で常勤でない場合で、代表取締役が複数いる場合には「非常勤証明書」を提出することで常勤性を証明することができます。

各都道府県によって取扱いが違うかもしれませんが、諦めずにご相談ください。