営業所の写真

建設業の許可を受けるために営業所の確認資料として写真を添付する必要があります。東京都ではないですが、建設業許可の更新の時にも写真の添付が必要な県(神奈川県、千葉県など)もあります。

添付が必要な写真がどういったものなのか参考にしてみてください。

1.建物の全景

・ビルなどの場合には、1階から屋上までが写っているもの

・ビルの内部等に所在する場合には、「建物の入り口部分を正面から写したもの」と「テナント表示を写したもの」

※テナント表示がない場合には、「集合郵便受け(商号が判読できるもの)」を写したもの

2.事務所の入口

・商号が判読できるもの

3.事務所の内部

・事務所内部が確認できるように、様々な角度から写したもの

・電話機等の事務スペースが確認できるもの

・接客スペースが確認できるもの

※ブラインドやカーテンは開けた状態で写す必要があります。

※営業所が個人住宅内にある場合や他の法人と同一の会に同居している場合などは、間取り図と入口から事務所スペースまでの動線にあたる部分の写真を添付してください。また営業所スペースが居住スペースや他の法人等と明確に区分されていることが確認できる写真も添付が必要です。