実務経験10年とは

専任技術者になれる要件として、「許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し、10年の実務経験を有する者」というものがあります。

学歴要件によって緩和されますが、今回は実務経験10年について詳しく記載します。

ポイントとなるのが、「許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し」の部分です。

 

管工事に関して10年以上の実務経験を有する方がいるとします。この場合に、とび土工工事で建設業許可を受けようとしても、とび土工事の専任技術者としては認められません。とび土工工事で、建設業の許可を受ける場合で専任技術者の要件を実務経験10年で満たすには、とび土工工事で10年の実務経験が必要です。

 

では、1業種だけではなく2業種について10年間の実務経験がある場合はどうでしょうか。たとえば、防水工事と塗装工事の2業種に関して10年の実務経験があるとします。この場合、防水工事と塗装工事の2業種の専任技術者になれるのか。

 

答えはNOです。

防水工事か塗装工事のどちらかでしか専任技術者にはなれません。2業種で1人の方が専任技術者になるには、防水工事で10年+塗装工事で10年の20年必要です。2業種での経験の機関がかぶっていてはダメなのです。

 

※実務経験の振替を認める業種もあります。