建設業許可と産廃業

建設業の許可をお持ちの方から、産廃業の許可もほしいという依頼が良くあります。

産廃業の許可もいろいろ種類がありますが、一番多いのが産業廃棄物収集運搬業です。解体現場などから出た産業廃棄物を運ぶ許可です。

まずは廃棄物の分類からみていきましょう。

  • 廃棄物・・・ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物または不要物(固形状・液状のもので期待を除く。)

この廃棄物から産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。

  • 産業廃棄物・・・事業活動に伴い生じた廃棄物(20種類)で、事業者自ら処理する責任があるのもです。事業者は自ら定められた基準に則って処理するか、または許可をもっている業者に委託する必要があります。
    • 産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性のあるものは「特別管理産業廃棄物」
  • 一般廃棄物・・・家庭から出たごみ、オフィスから出たごみ(紙くず)などが該当します。
    • 一般廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性のあるものは「特別管理一般廃棄物」

産業廃棄物は、20種類に分類されており、産廃業の許可を取る上でも重要になってきます。建設現場で出る産業廃棄物がなんなのかを確認した上で許可申請する必要があります。

 

☎03-6434-9395 

受付時間 9:00~19:00

(土日祝日対応可能)