工事経歴書の記載

新規で建設業の許可を受ける場合、決算報告を提出する場合に必要となる書類に工事経歴書があります。記載する上で工事名には注意してください。工事の場所及び内容が分かるように具体的に記載しなければいけないのですが、個人の氏名が特定されないようにしてください。例えば、H邸新築工事に伴う衛生設備工事などのように記載してください。

また、この工事経歴書ですが、経営事項審査を受けるかどうかで記載方法が違います。

  • 経営事項審査を申請しない場合

1.主な完成工事(10件程度)について請負代金の大きい順に記載。

2.続けて主な未成工事について請負代金の大きい順に記載。

  • 経営事項審査を申請する場合

1.元請工事の完成工事について、請負代金の額の合計額の7割を超えるまで請負代金の大きい順に記載(500万円未満の建設工事に関しては10件を超えて記載しなくてよい。)。ただし、完成工事に係る請負代金の額の合計金額が1000億円を超える場合には、これを超える部分に係る完成工事については記載しなくてよい。

2.1に続けて、1で記載した元請工事以外の元請工事及び下請工事の完成工事について、すべての工事の請負代金の額の合計額の7割を超えるまで請負代金の大きい順に記載(500万円未満の建設工事に関しては10件を超えて記載しなくてよい。)。ただし、すべての工事の請負代金の額の合計額が1000億円を超える場合には超える部分に関しては記載しなくてよい。