経営業務管理責任者の要件改正が延期

建設業許可基準の一つである経営業務管理責任者の要件が本日(平成29年6月1日)から施行予定でしたが、延期となりました。施行時期は、6月中を予定となっています。

前にも新着情報の中で説明しましたが、あらためて要件緩和の内容ですが以下のとおりです。

  1. 経営業務の管理責任者の準ずる地位にあって資金調達、技術者等配置、契約締結等の業務全般に従事した経験の拡大(支店長、支配人に等のに次ぐ地位にある者にも経験として認めようというものです。)
  2. 他業種における執行役員の経験の追加(現在は、執行役員等としての経験は許可を受けようとする業種に関する経験に限られていますが、許可を受けようとする業種以外でも認めるというものです。)
  3. 3種類以上の合算評価の実施(現在は、経営業務管理責任者としての経験は一部種類について2業種までの合算評価が可能ですが、この2種類までという要件をなくすというものです。)
  4. 他業種での経験年数を7年から6年に短縮(現在は、許可を受けようとする業種以外での経験は7年必要ですが、これを6年に短縮するというものです。)