建設業許可 建設業 更新 社会保険 東京都 行政書士

解体工事業者の登録

解体工事業を営もうとする場合には、元請・下請の別にかかわらず、業務を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受ける必要があります。土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業の建設業許可を受けた業者は解体工事業の登録をする必要はありませんが、平成28年6月1日の法改正により「解体工事業」新設されたため、とび・土工工事業は対象外となり解体工事業が対象となります。

続きを読む

経営業務管理責任者の要件改正が延期

建設業許可基準の一つである経営業務管理責任者の要件が本日(平成29年6月1日)から施行予定でしたが、延期となりました。施行時期は、6月中を予定となっています。

続きを読む

国交省直轄工事における社会保険等未加入対策の強化

国土交通省直轄の工事に関して社会保険等未加入対策が強化されます。

今までも未加入対策よりも厳しいものとなっています。

 

続きを読む

外国人雇用

建設現場での仕事で外国人を雇用する場合には注意が必要です。

皆さんが就労VISAといっているもの(在留資格)には、建設現場で働くことが可能なものはありません。

続きを読む

経営業務管理責任者の要件緩和

6月1日から経営業務管理責任者の要件が緩和されます。

この緩和により許可を受けられる業者が増えるかもしれません。

 

続きを読む

決算報告の提出に関する添付書類の追加

決算報告提出の際に、平成29年4月1日からデータベースへの電算入力を行うため、様式「別紙8」の正本と副本以外に新たに別紙8のコピーが必要になりました。

続きを読む

解体工事業の新設

高度成長期以降に集中的に整備された施設の老朽化が進み、その維持管理、更新が重要な課題となっています。

続きを読む