下請代金の支払い

元請負人と下請負人との間で合意の上で買わされた下請負契約書に基づき下請代金は支払わなければなりません。注文者から元請負人へ出来形部分に対する代金の支払いを受けた場合、または工事完成後に代金の支払いを受けた場合には、下請負人に対して、元請負人が受けた代金の出来形に対する割合及び下請負人が施工した出来形部分に相応する下請代金を、注文者から支払いを受けた日から1か月以内で、かつ、出来るだけ短い期間内に支払わなければなりません。

元請負人が特定建設業者で、下請負人が一般建設業者(資本金が4000万以上の場合は除く。)の場合には、発注者から工事代金の支払いがあるか否かにかかわらず、下請負人が引き渡しの申し出をした日から50日以内、かつ、出来るだけ短い期日を定め支払わなければなりません。