専任技術者


建設業の許可を受けるための要件その2は、「専任技術者」を営業所ごとに常勤でおいていることが必要です。専任技術者とは建設業に関して専門的な知識や経験もつ方のことです。この専任技術者の要件ですが、一般建設業許可と特定建設業許可で異なります。

 

  1. 一般建設業の許可の場合は、以下のいずれかに該当する専任技術者がいることが必要です。
  • 高校の所定学科(旧実業高校を含む)を卒業後5年以上、大学の所定学科(高等専門学校、旧専門学校を含む)を卒業後3年以上、許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関する実務経験を有する者
  • 10年以上、許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関する実務経験を有する者
  • 1,2と同等以上の知識、技術、技能を有する者と認めたれた者として、許可を受けようとする業種について国家資格等を有する者、国土交通大臣が個別の申請に基づき認めた者

 

  1. 特定建設業の許可の場合は以下のいずれかに該当する専任技術者がいることが必要です。
  • 許可を受けようとする建設業の業種に応じて国土交通大臣が定めた試験に合格した者、または、建設業の業種に応じて国土交通大臣が定めた免許を受けた者
  • 一般建設業許可の要件1~3に該当し、かつ、元請けとして4500万円以上の工事について2年以上の指揮監督的な実務経験を有する者
  • 国土交通大臣が、1または2に掲げる者と同等以上の能力を有すると認めた者