建設業許可更新について

建設業許可更新イメージ

建設業の許可の有効期間は、許可を受けた日から5年目に対応する日の前日までです。

当該期間の満了日が日曜日等の休日であったとしてもその日をもって満了することになっています。

引き続き建設業を営もうとする場合には、期限内にに更新の手続きをする必要があります。

  1. 知事許可・・・・・5年間の有効期間が満了する日の2か月前から30日前まで
  2. 大臣許可・・・・・5年間の有効期間が満了する日の3か月前から30日前まで

更新期限が満了してしまってからの更新の申請はできません。

期限を過ぎてしまってからの申請は、新規申請となってしまい許可番号も変わることになりますので上記の期限内に更新の申請をするようにしましょう。

また更新申請の際に注意しないといけないことがあります。初めての更新申請する方に多いのが、決算報告などの変更届を提出していないケースです。注意事項に関しては以下で確認してください。

 

更新申請の注意事項について