建設業許可の有効期限


建設業の許可には有効期限があります。

建設業許可の有効期間は、許可を受けた日から5年目の許可日に対応する日の前日を持って満了となります。したがって、引き続き建設業を営もうとするのであれば、建設業の許可を更新する必要があります。

 

一度建設業の許可を受けてしまえば何もしなくていいわけではありません。事業年度が終了した場合には、事業年度終了後4カ月以内に決算報告を提出する必要がありますし、役員の変更や営業所の移転があった場合には変更届を提出しなければなりません。毎年提出しなければならない決算報告や変更事項があったのに変更届を提出していない場合には、建設業許可の更新をすることができません。

 

建設業の許可の更新は、許可の期間が満了する日の30日前までに手続きをしなければなりません。もし、更新の手続きをしないまま期間を満了した場合には、建設業許可の効力はなくなります。

決算報告を5年間提出していない場合や変更届を提出していない場合には、時間に余裕を持って更新の準備をした方が良いでしょう。更新日の間近に更新の申請に行ったものの決算報告や変更届が提出していない場合には、受け付けてもらえないからです。