電気工事


工事内容

発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等を設置する工事

 

例示

発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備工事(非常用電気設備を含む)、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事(避雷針工事)、太陽光発電設備の設置工事

 

類似する工事の考え方

  • 屋根一体型の太陽光パネル設置工事は「屋根工事」に該当し、太陽光発電設備の設置工事は「電気工事」に該当します。太陽光パネルを屋根に設置する場合は、屋根等の止水処理を行う工事も含まれます。
  • 「機械器具設置工事」には広くすべての機械器具類の設置に関する工事が含まれますので、機械器具の種類によっては「電気工事」、「管工事」、「電気通信工事」、「消防施設工事」等と重複するものもありますが、これらについては原則として「電気工事」等それぞれの専門工事の方に区分するものとし、いずれにも該当しない機械器具もしくは複合的な機械器具の設置が「機械器具設置工事」に該当します。

  

専任技術者の資格

  • 一級電気工事施工管理技士
  • 二級電気工事施工管理技士
  • 総合技術管理(建設)
  • 総合技術管理(建設「鋼構造及びコンクリート」)
  • 総合技術管理(電気電子)
  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士(※免許交付後実務経験三年以上)
  • 電気主任技術者 一種・二種・三種(免許交付後実務経験五年以上)