土木一式工事


工事内容

総合的な企画、指導、調整の下に土木工作物を建設する工事(補修、改造または解体する工事を含む。)であり、複数の下請業者によって施工される大規模かつ複雑な工事が該当します。

契約から完成引き渡しまでの必要なすべての工種を含むものをいい、一部の工種の請負はそれぞれの専門工事になります。

 

例示

橋梁、ダム、空港、トンネル、高速道路、鉄道軌道、区画整理、道路・団地等の造成、公道下の下水道(上水道は含まない)、農業・かんがい水道工事を一式工事として請負うもの

 

類似する工事の考え方

  • 「プレストレストコンクリート工事」のうち橋梁等の土木工作物を総合的に建設するプレストレストコンクリート構造物工事は「土木一式工事」に該当します。
  • 上下水道に関する施設の建設工事における、「土木一式工事」、「管工事」、「水道施設工事」間の区分の考え方は、公道下等の配管工事及び下水処理場自体の敷地造成工事が「土木一式工事」に該当します。家屋その他の施設の敷地内の配管工事及び上下水道等の排水小管を設置する工事が「管工事」に該当します。上水道等の取水、浄水、配水等の施設及び下水処理場内の処理設備を築造、設置する工事が「水道施設工事」に該当します。なお、農業用水道、かんがい用排水施設等の建設工事は「水道施設工事」ではなく「土木一式工事」に該当します。

 

専任技術者の資格

  • 一級建設機械施工技士
  • 二級建設機械施工技士
  • 一級土木施工管理技士
  • 二級土木施工管理技士(種別:土木)
  • 総合技術管理(建設)
  • 総合技術管理(建設「鋼構造及びコンクリート」)
  • 総合技術管理(農業「農業土木」)
  • 総合技術管理(水産「水産土木」)
  • 総合技術管理(森林「森林土木」)