建設業許可について

建設業許可 建設業 更新 社会保険 東京都 行政書士

建設業法は、第一条に目的として、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによって建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的とすると規定されています。

 

この建設業法の目的は、大きく分けて2つあります。「建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護すること」と「建設業の健全な発達を促進すること」です。

 

さらに、これらの目的を達成するための手段として、「建設業を営む者の資質の向上」を図るため、具体的方策として、建設業許可制度や技術検定制度があります。また「建設工事の請負契約の適正化」を図るために、発注者と請負人、元請負人と下請負人との間に交わされる請負契約をより公正かつ平等にすることによって請負人、特に下請負人の保護を図ろうとしています。

 

建設業は、産業の基盤を形成するとともに、国民の日常生活にも関連する重要な産業です。しかし、1件ごとに仕様が異なる受注産業であること、天候の影響を受けやすいこと、工場生産ではなく現場で工事がおこなわれること、業種が多種にわたることなど特殊な産業であり、中小・零細企業が大半を占めていることもありこのような目的で制定されました。